不倫への道

人気№1
LOVE
>>不倫サイトの詳細はこちら
人気№2
FirstMail
>>不倫サイトの詳細はこちら
人気№3
愛カツ
>>不倫サイトの詳細はこちら

私ももう40歳になろうかという年齢になりました。

それでも不倫をしたのは、やっぱり寂しかったからでしょう。
okonawareru-sumaho
結婚したのは20代の後半、ごく普通の恋愛結婚でした。

自然と子供も生まれ、家事育児に追われてました。

いつのまにか子供も成長して手もかからなくなりました。

そして自分は普通のおばさんになっていました。

この20数年、いろんな事がありました。

そろそろ私も社会に出てみようかとパートで働き始めました。

週末の家族との時間もここ数年ありませんでしたから、なるべく働けるようなシフトにしてもらったのです。

職場には、自分と同じような主婦から子供と同じくらいの学生もいました。

今まで知り合えなかった人たちと知り合えて仕事も楽しく感じられました。

働くのは楽しい事と実感したものです。

そこにいたある30代前半の男性と不倫をすることになったのです。

今更、恋愛だとかする感覚など無くなっていると思っていたのですが、毎日毎日同じ顔を見ているうちにお互いその気になっていったのでしょう。

ある日の仕事の帰りがけに、彼が声をかけてきたのです。

そのままお茶を飲みに行ったのですが、その時この人は私が気にっているのだと思いました。

その時のドキドキ感は忘れられません。

生活や仕事とかこれまでのいろんな話をしながら、お茶を飲みました。

気付いた時は、彼の事を気にっていたようです。

そのままホテルへ直行したのです。

彼は私が独身でない事は知っていたようなのですが、そんなの関係ないと言われた時は舞い上がってしまいました。

でも家族にはちょっと申し訳ありませんでしたが、自分をもっと大切にしたかったのです。

こんな感じで不倫に突入してしまったのです。

不倫サイトで立ち直る

不倫サイトのおかげで不倫から目を覚ませたと言う独身の女性がいます。

相手だった人とは、飲み会の勢いでたまたまエッチをしたと言う関係で済ませるつもりだったのです。

でも、その後もメールが頻繁に来ては誘われました。

何度も応じているうちにすっかり彼にはまっている自分がいました。

彼には奥さんも子供もいてそれもしってはいたのですけど、会えない夜は嫉妬に狂いそうでした。

いつも終わったらさっさと自宅に帰る彼の後ろから、あっかんベーをしていたりでした。

彼は奥さんのは嫌いだけど、私にはいつも優しかったのです。

それでもしっかり毎日自宅に帰っていたのです。

そんなある日突然、彼のアドレスも電話も通じなくなったのです。

それからはもう連絡も出来ませんでした。
okonawareru-kitai
しょうがないのでそのままの状態でしたが、悶々とするばかりでした。

それから半年もした頃にやっと会えました。

実は奥さんが三人目の出産で不倫どころでは無かったそうです。

不倫は、こんなにも上手く行かないものだと思い知らされました。

不倫サイトに思うがままの事を書いていましたが、不倫サイトにはこんな書き込みもありました。

「不倫でそのうち体を壊す前に身の振り方を考え直してはどう?」

「現実に向かうと悲しくなるかも?私もそうだった。」

このメッセージが不倫を止めてくれました。

何よりも「私もそうだ」と言うのが胸に刺さったのです。

それからと言うもの、男性を好きになるのには状況を考えるようになりました。

彼からの誘いははっきり断るようにしました。

それから住所もアドレスも連絡の付くものは全部変えました。

今は不倫サイトでそんな経験者ならではの書き込みをしています。

事の始まりも終わりもちょっとしたきっかけでと言いますが、ちょっとした一言がきっかけになるのは不倫サイト特有の事なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ